FC2ブログ

メイキング(?)

雪

雪の降る街

ちょっと!聞いてください!
本編で今雪がある場所に居るからそういう感じで描いてみたんだけど
海ハルは!雪国にはいない!!wwwばかやろうwww
雪のほうに居るのはリチェたちであって海ハルと空は移動してないはずでしたガッテム
まあいいや
本編更新は来週以降にがんばるとして、
メモ代わりにメイキング画像残しておきますので私の乱雑さにひれ伏すが良いですよ(?)
続きからどうぞ

また海ハルか~!っておもったけど去年の年賀で描いて以来だったから割と久しぶりだった。とりちぇのほうが全然書いてないみたい。本編が不穏な雰囲気だった頃はかけなかったので^q^w
これ描いてて海は丸くなったな~っておもいました。荷物はハルカが持ちたがるので今までなら多分持たせてたけど、今はハルカを女の子扱いしてちゃんと荷物もってあげる。たぶん。ひゅー!(?)

(1)下書き
01_20180311160300955.jpg

やばい^0^
大雑把に誰がどこにいるかを書くだけの下絵
背景も書くつもりなのにこの雑さはやばいぜ
使用ツールは最初から最後までSAIだけです

(2)線画
02_20180311160302fbd.jpg
下絵があのざまなのでここに至るまでに1時間かかります(笑
下絵をなぞるスタイルではなく、一発がきを繰り返しよい線をかけるまで書き直す、デジタルじゃないと出来ない書き方
定規機能?ありませんねえ
ベースの色は塗りつぶしツールを使うので、線がちゃんと閉じているか確認しながら。

(3)背景
03_20180311160302e43.jpg

後回しにするとやる気がなくなってしまうため、背景を先に塗ってしまった。
フィーリングです(メイキングの意味がなくなってきました)

(4)ベースカラー
04_2018031116030412a.jpg
背景は邪魔なので一旦隠します
自動選択ツール→塗りつぶし、で大体の色を決めながら塗る。今回は服も髪も色が大体決まっているので悩まなかったけど。
ハルカの羽織を何色にするかずっと悩んでたけどとりあえず黒をおいておく

(5)肌
05_2018031116030504e.jpg
塗り終わりました(早速キャプチャ撮り忘れた。)
ベースカラー(一番薄い色)→ちょっと暗い色→赤み→ハイライト

(6)瞳
07_2018031116030781d.jpg
白目に影→ぼかす→瞳のベースカラーを乗算レイヤーにおく→暗い色→明るい色、虹彩とか書き足す
このサイズだと瞳は大体潰れるから細かく書かなくても大丈夫!ハイライトは最後に入れます
肌と瞳はふたり分おなじレイヤーに描いてる。密着した絵とかだと分けるけど、大体一緒。レイヤー数減らしたい。

(7)服
08_20180311160308815.jpg
ベースカラー→一番暗い色→ぼかす→ぼかしすぎたので明るい色入れる
下のレイヤーから順番に、これの繰りかえし
服とかの色彩センスがやばいとおもったら色をここで変える。
基本的に1色で1レイヤーつかってます。今回の絵だと海のインナーの黒、手袋、ベルトの黒は同じレイヤー。分けるの面倒なので。てへぺろ。

(8)髪
09_201803111603102a2.jpg
なんとなくハイライト(太いペンで書いて下だけぼかす)→暗い色→中間色で溝を埋める→明るい色

(9)大体終わった
10_201803111603117bf.jpg

(10)ハイライト
11_20180311160313110.jpg
瞳に光を入れる。最後に命を吹き込むみたいでいい!って神絵師がいってたからまねしてる笑
まつげ、あほげも付け足す
ベースの線画の濃度を100%から60%くらいにして色塗りの淡さにあわせる。最初から薄い色でペン入れをしたほうがいいのかもしれない

(11)仕上げ
雪
雪っぽさを出すために白い●をいっぱい書き込む
雪積もってるっぽさを出すためにエアブラシでガシガシ。

おわりです!!!
キャプチャとったりコーヒー休憩とったりして4~5時間くらいかな。
背景がなければもっと早いよ~
イメージを沸かせるために「ヨーロッパ 商店街」とかぐぐったけど全然役に立ってない模様です!!ああ、影響受けたのは上のほうに書いてある看板(みたいなやつ)くらいかな。ドイツかどっかに皆統一の看板出してるとおりがあって可愛かったのを思い出した
模写はしないけど画像検索は結構します。PCの画面3分の2SAI、3分の1検索画面出したまま書いてること多い。検索かけたけど和服の防寒着で可愛いのが出てこなかったので誰かお勧めあったら教えてください(???)

突然のメイキング!終了!ありがとうございます~!

スポンサーサイト

2018/03/11 16:40:47 Sun

<< 21章その3 | memo*TOP | 21章その1~2 >>